固定資産税とは?いつ払うどんな税金?

家計をやりくりする際に注意しておかなくてはならないのは、毎月はかからないけれど毎年一度とか半年に一度かかる大きな出費についてです。「そんな時期だったのを忘れていてお金がない」なんてことになると困りますからね。具体的にはどのような出費かというと、年払いに設定してある保険料や固定資産税です。

固定資産税とは、毎年1月1日に固定資産(土地や建物など)を所有している人に市町村が課する税金です。市区町村が自動的に税額を計算し、納税通知書を送ってきます。固定資産税を払う締切は年4回に分けられていますが、それぞれの締切は市区町村によって異なります。ちなみに、固定資産税は分割で支払っても一年分を一括で支払っても良いです。ただ、一括で支払っても割引などが一切ありませんのでご注意ください。固定資産税は給与から天引きにはなりませんので、一回一回支払いに行く手間を考えると一括で支払ったり、引き落としを設定しておく方が楽かもしれません。

固定資産税を払わなかったらどうなるのかというと、ペナルティが発生します。固定資産税を延滞すると追徴課税を払わなくてはなりませんので、きちんとお金を用意しておいて、締切までに支払うようにしましょう。

10月 7, 2013 at 12:00 am | 不動産全般 | | No comment